HEROの音楽道

シンガーソングライターの音楽人生

ライブイベント『LINKED vol.13 Reunion』を終えて。

f:id:HERO_music:20181201172750j:image

どうも、ブログでは少し休暇を頂きご無沙汰しておりました。 シンガーソングライター兼ライブイベンターのHEROです。

 

さて、今日は先日、大阪の左衛門町にあります『かつおの遊び場』さんにて行われた『LINKED vol.13- Reunion-』を、終えてからの書きたい感情や思った事を文章におこし記憶として残しておこうと思います。

 

私がこのイベント代表者として3年前から始めたライブイベント『LINKED』(読み:リンケット)。

 

この『LINKED』という言葉の意味は、『繋げる』『連携させる』などという意味があります。

 

なぜ?イベントネームをこの名前にしたかと言いますと、『人』と『人』とが繋がり、そこから生まれる空気感や温度、感情、止まることなく流れていく時間などを全てそこに居る人達でシェアし合いリンクさせたいという想いもあり、この名前にしました。

 

そして、この『LINKED』がいつでも安心して帰ってこれて、集まれる『場所』となれば企画者として幸いです。

 

この『LINKED』も今回で第13回目を無事に終える事ができました。この『LINKED』を開催できているのは、応援して下さっているファンの方々、出演して頂いている演者様、そして場所を貸して下さっている「かつおの遊び場」オーナーのかつおさん。

この全てが集まってこそ成り立つことです。

 

力を貸して頂いている皆様に心より感謝致します。

誠にありがとうございます。

 

そして、今回のLINKED vol.13- Reunion-に出演して下さった『堀憲吾』さんとは1年前からライブ出演を計画し、約束が叶った特別なライブとなりました。

 

事の始まりは、2017.11.21〜22大阪某所

唄い人の中瀬悠騎堀憲吾、そして僕の3人での路上初対面。

打ち合わせなしの一発セッションではとても初めて会った様な感覚はなく、生前から知っているのではないか?と疑うほどのバッチリ感と心地良さでした。

f:id:HERO_music:20181201181420j:image

(写真は左から、僕、堀憲吾、中瀬悠騎。2017.11.21〜22)

f:id:HERO_music:20181201190138j:image

月日は経ち(2018.11.19)

 

そして、『いつか、この3人で同じライブステージに立ちたいね〜』という言葉から、約束を果たすべく(果たすのも早すぎかもしれませんが 笑)、この『LINKED vol.13 Reunion』に至った訳です。

 

そんな待望のライブも始まってしまえば、楽しい時間は、あっという間で。

息を吸って吐くほどの短い時間に感じました。

 

やはり時間とは相対性理論のように一定ではないのかもしれません。

 

今回の出演して下さった演者様方は、鳥居カノン、ま゛、樹-TATSUKI-、ゆきんコ、Emi、
中瀬悠騎、堀憲吾、僕の8人でした。

LINKEDでは意外にも今まで初となる全員ソロライブでした。

 

楽しいライブ風景の写真も沢山載せようと考えましたが、今回は、アーティストさん、お客様の一人一人を尊重し、ライブなどの写真はこちらでは控えさせて頂きます。ご了承ください。

 

そして、当日のセッション枠では堀憲吾さんの音楽仲間の、ゆうじさんや彩子さんが特別に参加して下さいました。

本当に遠い中から大阪まで遥々来て頂き感謝です。

 

やはり、間違いない人間には間違いない素敵な人達が繋がっていますね。

 

今回も大阪でのすべてのイベントを通し、色々な事を得て、とても勉強になりました。ありがとうございました。

 

まだまだ頭の中には書きたい事や言いたい事はあり過ぎて纏められないので今日のところはこの辺にしておこうと思います。

 

自分もまだまだ人として未熟者ではありますが、いつか太陽の様な人になれる様に、これからも笑顔で頑張って生きます。

 

いつも、みんな、本当にありがとう。

 -HERO-

2018.12.1

 

ブリッジピン グラフテック社のTUSQを実際に使ってみてのレビュー

はい、皆さん、こんにちは!

久しぶりにアコースティックギターのブリッジピンの記事です◎

 

今回、ご紹介するのはグラフィック社の『TUSQ』

結構、どこの楽器店に行っても定番で一度は見かけるTUSQ。

f:id:HERO_music:20180920101302j:image
ちなみに『TUSQ』(タスク)とは、象牙に近く作られた人工象牙のことです。


現在、このTUSQは主にギターのナット・サドル・ブリッジピンなどの材料として使用されています。

 

実際にアコースティックギターに付けてみて弾いた感想は、音質はとてもクリヤーになり、リッチに感じました◎

サスティーンの伸びも良く、ソロギターに向いていると思いました。

 

客観的な主観で正直に感想を書かせて頂くと、演奏者の好き嫌いがハッキリ分かれる素材じゃないかなと感じました。

 

ソロギターや、綺麗めなオシャレな弾き語りが好きな方にはオススメです、指弾きorピック弾きどちらでもレスポンスは良く、透き通るような透明感のある音です。アコースティックギターブラインドだと、Taylor(テイラー)社のギターとの相性が良いのでは?と感じます。

 

そして、『いや!オイラは泥臭い感じの昔ながらの弾き語りが好きなのさ!』という方には「牛骨製」か「木製(エボニーなど)」がオススメだと思います◎

 

ちなみにブリッジピンを交換での注意点なんですが、

ブリッジピンを交換する際は、必ず、購入前に今自分の使っているギターに付いているブリッジピンの直径をノギスなどを使って計っておきましょう!

もし、「測り方が分からない」、「そんなノギスなんてもっていない」という方は、楽器店にブリッジピンを持って行って店員さんに聞いてみると良いと思いますよ◎


新しいブリッジピンの直径は、元のブリッジピンと同じか、それよりも若干太いものを選択すると良いでしょう。


間違っても、元のブリッジピンの直径よりも細いものを選んではいけません。ブリッジにピンをはめた時にブリッジとピンの直径が合っておらず、ユルユルで、弦を留める役目を果たさない場合がありますのでくれぐれも御注意を!

 

自分の好きな音楽性にあったギターに仕上げていくのって楽しいですね(^^)

さて、今回はこの辺で!次回のブログでお会いしましょう。

 

本日も記事を読んで下さって誠にありがとうございます。

 

 

iPhoneのディスプレーガラス破損、ガラス割れ対策について

f:id:HERO_music:20180910183422j:image

はい、ついにやってしまいました。。。

 

iPhoneのディスプレーガラスが割れて、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ません。冒頭からすいません。(笑)

 

  画像の割れて見えるのは、ディスプレーの上に貼っている強化ガラスフィルムです。約3年間ディスプレーを守ってくれました。強化フィルム君1号、今まで本当にありがとう。

f:id:HERO_music:20180910194753j:image

彼の最後はバキバキでした。。。

 

さて、今回は、

実際にiPhoneをお使いの方で、ディスプレーのガラスが割れた事がある方もおられるのではないでしょうか?

 

今回はそんなガラス破損を事前に防ぐ強化ガラスフィルムを紹介。

 

今回、使用してみた強化フィルムは100ショップのセリアさんで見つけた、こちら

↓ ↓ ↓

f:id:HERO_music:20180910183436j:image
f:id:HERO_music:20180910183441j:image

厚みは0.33mm、表面強度9H。

お値段は強化ガラスフィルムが入って1枚100円です。

 

早速、貼ってみました!

↓ ↓ ↓

f:id:HERO_music:20180910183521j:image

透明度は高いです。触ってみた感じは、指紋も気にならず良い感じです。

恐るべし100円クオリティ。。。

当分はこの強化ガラスフィルムを貼って様子をみてみます。  

 

これでバッテリー交換と強化フィルム交換が終わったのでひと安心です◎ 

 

本日も記事を読んで頂き、誠にありがとうございます。

100円ショップで見つけた工具入れ風、小物入れケース

先日、100円ショップ(セリア)でオシャレな使えそうなケースを見つけました。

↓ ↓ ↓

f:id:HERO_music:20180829142505j:image

工具入れ風の小物入れケースです。

中はこんな感じ!!

f:id:HERO_music:20180829142513j:image

ブリキな感じがcool‼︎

試しに普段から使っているピックを入れてみました。

f:id:HERO_music:20180829142516j:image

結構な枚数が入ります◎ピックの厚みにもよりますが、軽く30、40枚は入ります(笑)

 

ちなみに、前回のブログでご紹介したチューナー「D'Addario プラネットウェーブス クリップチューナー」の小さいタイプの物だと入ります。

f:id:HERO_music:20180829142524j:image

ピックも一緒に入れるとこんな感じ◎

↓ ↓ ↓

f:id:HERO_music:20180829142824j:image

超良い感じです〜♪ちなみに今まで使っていたピックケースはこんな感じ!

f:id:HERO_music:20180829150936j:image

こちらはスライド式のブリキ製ケースです。このケースはあまり奥行きがないので、薄いピックなどには最適です◎

2つを比較すると、、、

f:id:HERO_music:20180829152000j:image

横、縦幅は同じですが、高さが違いますね!今後は自宅用と現場用で使い分けたいと思います。

 

本日も記事を読んで頂きありがとうございます。

チューナーレビュー:Planet Waves by D'Addario プラネットウェーブス クリップチューナー Eclipse Tuner Black PW-CT-17BK

f:id:HERO_music:20180910185025j:image

Planet Waves by D'Addario プラネットウェーブス クリップチューナー Eclipse Tuner Black PW-CT-17BK。

f:id:HERO_music:20180910185802j:image

〜カラー全6種類〜

 

ギターのヘッドにつけてみた感じです。

↓ ↓ ↓

f:id:HERO_music:20180910185451j:image

長方形でスタイリッシュです◎

f:id:HERO_music:20180910190756j:image

ピッチは430Hz~450Hzの範囲でピッチキャリブレーション設定が可能になっています。結構な広範囲のピッチチューニングが可能になっています。

 

自分はギターのチューニングを、A=440Hzの時もあれば、432Hzの時もあるので助かってます。

 

他にも、10分間電源がONの状態が続くと、オートパワーオフ機能が作動し、電源を自動で切ってくれます。

 

チューニング時のディスプレーはこんな感じです。(6弦で実証。)

↓ ↓ ↓

ピッチが少し高い場合。

f:id:HERO_music:20180910191804j:image

 

ピッチが少し低い場合。

f:id:HERO_music:20180910191813j:image

 

ピッチが的確に合った場合。

f:id:HERO_music:20180910191845j:image 

 

暗い場所でもディスプレーが綺麗に光って見えるので安心して使えます◎

 

使用電池は、リチウムバッテリーCR2032を1つ使用。

f:id:HERO_music:20180910193204j:image

 

ボディも小さくて軽く持ち運びに便利なチューナーです◎

 

本日も記事を読んでくださり、誠にありがとうございます。

セルフでiPhone5sのバッテリー交換レポート

f:id:HERO_music:20180905211238j:image

 

かれこれ、iPhone5sを使い続け3年以上。。。

今では、iPhoneシリーズ最新は「iPhone8」や「iPhone X」が出ているなか、未だ僕は、iPhone5sを使い続けています(笑)

 

スペックは最新機種には及ばないものの、未だにiPhone5sを使っている理由の1つとしてはやはり、「手の中に収まるボディーのサイズ感」ですかね。

 

最新機種はディスプレイが広く見えやすいものの、その分ボディが大きくなってしまい、そうなると片手で操作したい場合、操作が難しくなります。操作性を考えるとiPhone5sが「丁度ええ」サイズで今でも気に入って使っている理由です◎

 

さて、前置きこの辺にしておき、その愛用しているiPhone5sのバッテリーの寿命がさすがにきたので、この度、保証もとっくに切れていたので、業者に出さず、自身でバッテリー交換をしました◎

 

3年以上もの間、ホンマに頑張ってくれました!吹き変えれば、充電をしながらの音源RECからゲームまでバッテリーにめっちゃ負担変えてました(笑)

 

今思えば、良くここまでもったと思います。www

 

そんな弱り果てたバッテリーですが、交換前までどんな感じだったかというと、、、

自宅で充電100%MAXにして、外出し、信号待ちに少しだけ触ると70%、そして電車の移動中に触ると30%、「さっきまで70%やったやん・・・w」

そして、時間を確認しようとホームボタンを押すと、画面がつかない。。。はい、終了!

ここまでの時間たったの約30分間。

もう外では使えなくなってました(笑)

ここまでなると携帯する意味がないですねw

 

今回のバッテリー交換に使用したものは、通販やAmazonなどでも売っているものを使いました。

値段は約1500円で販売されています。

 

今回使用したもの

↓↓↓

f:id:HERO_music:20180905005939j:image

中身はこんな感じ

↓↓↓

f:id:HERO_music:20180905010008j:image

バッテリー、交換専用工具、説明書、バッテリー用両面テープ、バッテリー交換時にネジの紛失を防ぐ磁石シート(これは結構有難い)
f:id:HERO_music:20180905010004j:image

さて、交換時の感じを簡単な写真をUPしておきます。

(作業前にデータのバックアップを必ず取っておきましょう。)

まずは、最初にディスプレイを外します。

f:id:HERO_music:20180905010044j:image
そして、いくつかの細かいパーツを外し、バッテリーを外します。f:id:HERO_music:20180905010050j:image
細かいパーツが多いので、紛失には十分気をつけます。

新しいバッテリーに専用のテープを貼り、パーツを元通りに戻して、f:id:HERO_music:20180905010041j:image
完了!!

f:id:HERO_music:20180905010047j:image

データなど破損も無く無事にバッテリーの交換ができました◎効果は買った当初のiPhone5sに戻ったかのようです◎

バッテリー交換にかかった作業時間は約30分ほどでした。

 

僕自身は、過去に電子機械系学科を学んでいた事もあったので、電子機器の細かい作業は簡単でしたが、

ただ、自身でのバッテリー交換はおすすめはしません。できる限り、専門の業者に頼みましょう◎

 

次回は、ガラス割れ防止の強化ガラスが割れてしまってから放置しているので、それも交換したいと考えています。

 

他にもバッテリー関連(スマホのバッテリーを長持ちさせるコツ)の記事も載せてありますので気になる方は是非とも読んでみてくださいね◎

 

それでは、本日も記事を読んで頂き誠に有難うございます!

スマホのバッテリーを長持ちさせるコツ

f:id:HERO_music:20180905015211p:image

現在、一般的なスマートフォン(iPhoneも含む)に使われている電池は、「リチウムイオン電池」というバッテリーを使用されています。

 

このリチウムイオン電池は、充電を繰り返すことで性能が落ちていく特性があります。(永遠に充電して繰り返して使える電池は残念ながらこの時代にはまだありそうにないです。)

 

リチウムイオン電池の機能的寿命の目安としては充電300回で70~80%、充電500回で50~70%に使用可能時間が落ちると言われています。

 

例えで言うならば、毎日(365日)充電していると約1年半で性能が半減してしまうということになります。

 

✖知らない間にしているバッテリーの寿命を縮めている5つの行動をご紹介。

 

〜その1〜

「充電しながらのスマートフォンを利用」

充電をしながらスマートフォンを利用すると、端末と電池が発熱し、高温になり電池の劣化を早める原因となります。

リチウムイオン電池は熱に弱い特性があります。

私自身もこの事を知らない間、良くスマホゲームを長時間やりながら充電していました。今となれば自らスマホのバッテリー寿命を減らしていたようです。(汗)

ならべく、充電中のスマートフォンの使用は避けましょう。

 

〜その2〜

スマートフォンの充電の放置(過充電)」

これも皆さん(私自身も)やりがちな行動の1つだと思います。

充電をし満タンになった状態で、ずっとスマートフォンを充電器に繋ぎっぱなしにしていると、電池の劣化につながります。

 

例であげるならば、睡眠時間中にずっと充電している人は多いと思います(私もその1人でした。)、その行動こそが電池にとってよくない行動だったのです!

 

理想としては、寝る前にはスマートフォンを充電し100%にしておき、充電器から端末を抜いておく事がベストでしょう◎

 

〜その3〜

「電池残量の無い状態での放置(過放電)」

電子残量(電池容量0%)がない状態で、充電をせずに長時間放置すると電池劣化の要因となります。

なので、使用しなくなったスマートフォンを充電せずに放置していると電池が劣化し充電できなくなり使用できなくなるケースがあります。(自身、経験済み)

 

〜その4〜

「頻繁に充電をする」

スマートフォンの電池がちょっと減るたびに気になり充電をする、といった頻繁な充電は、電池の性能を低下させる原因となります。

 

スマートフォンの電池のベスト使い方としては、電池残量が10%〜20%になった充電するのが良いとされています。

 

〜その5〜

「高温は電池の敵」

〜その1〜でも取り上げましたが、過度な使用により発熱させるのは良くないですが、日中に直射日光が当たる場所や、炎天下の車中(フロントガラス付近)など高温の環境に置いておくも電池の性能を下げる原因となりますのでオススメしません。リチウムイオン電池の最高許容周辺温度は「45度」に規定されています。よってこれを超える高温は電池の劣化、及び、発火の原因による火事に繋がるので十分に気をつけましょう!

 

最近は、モバイルバッテリーの誤った使用方法での発火事故が多発しておりますので皆さんも気をつけてくださいね。

 

リチウムイオン電池の特性を知り、賢い使用方法をして、1日でも長く大切に使用しましょう◎

 

ただ、冒頭にも言った通り、永遠に使える電池はありませんので、電池の減りが早いと感じた場合は交換をオススメ致します。

 

それでは、今日はこの辺で。

本日も記事を読んで頂き、誠にありがとうございます。