HEROの音楽室

シンガーソングライターの音楽人生と知識、普段のライフスタイルなどを紹介している個人ブログです。

吐きたい事は音とステージの上で。

f:id:HERO_music:20190212171205j:image

毎回、ライブイベント開催しみんなと再会。

 

次がある約束なんて軽々しくできない。

 

人生に明日があるという約束すらないように。

 

だから、毎回、毎回、これが最後になるかも知らないという気持ちで生きています。

 

一日一日を全力で生き、生き、

ギリギリでも生きる意味をこの道で探す日々です。

 

一本のラインに繋がったマイクに全力を吐き出すライブ。

 

そして、明日が少しでも良い日になる為に必死に息をして生きる。

 

過ぎた日々に意味を求めずに明日を生きる意志を。

 

吐きたいや言いたい事はステージの上で隠さず吐き出します。

明後日、2月16日(土曜日)のライブのステージで全部吐き出します。

 

『2019.2.16LINKED vol.14 〜THE 4th ANNIVERSARY〜』

会場:かつおの遊び場
Open 18:00/Start 18:30
Ticket ¥2500(1drink サービス付)


▲出演者▲
あごにんじん/和田成功/ゆきんコ/中瀬悠騎/HERO


かつおの遊び場」
住所:〒542-0084 大阪府大阪市中央区宗右衛門町4−5, 宗右衛門町センタービル2F

 

LINKEDより皆様に重要なお知らせ。

f:id:HERO_music:20190125080915j:image

2015年2.11から始まったオールジャンル対応アットホームライブイベント『LINKED』。

 

早いもので次回の開催、2019.2.16(土)LINKED vol.144周年を迎える事になりました。

 

いつも応援して頂き誠にありがとうございます。

 

この度、そんなLINKEDから皆様に重要なお知らせが御座います。

 

この度、LINKEDは…

f:id:HERO_music:20190125080417j:image

LINKED』から、

LINKED gr∞ve

(読:リンケット グルーヴ)

と改名し、結成致します。

 

(ちなみに主催のライブイベント名に関しましては今までと変わらず『LINKED』のままで行わせて頂きます。)

 

今後のLINKED gr∞veの活動としましては、ライブイベント、ライブブッキングは変わらず、その他、レーベル、レコーディング、プロデュース、CD物流などと演者様の音楽活動とミュージックライフ共に幅広くバックアップ出来る様に努めさせて頂きます。

そして、お客様と演者様に楽しいひと時をご提供できるエンターテイメントグループとし努めさせて頂きます。

 

LINKED gr∞ve代表こと私、HERO(ヒロ)はこれからも変わらずSSW(シンガーソングライター)としステージに立ち、音楽活動も頑張っていきます。

まだまだ未熟者ではありますが、引き続き応援のほど宜しくお願い致します。

 

一歩、一歩、夢へ向かって。

2019.01.25 HERO

 

 

阪神淡路大震災、あれから24年

f:id:HERO_music:20190117222043j:image

【写真提供:神戸市】場所:長田区周辺。

 

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生した。戦後初の大都市直下型地震は、関連死を含め6434人の命を奪い、人々の住まいや仕事など暮らしの土台を崩壊させました。

そんな日から24年の月日が経ちました…。

 

続きを読む

成人の日から得てきたもの。

今日は成人の日で、外には沢山の新成人の方々をたくさんお目にかけました。

自分もそんな日もあったんだなと、昨日の時の様に、ふと思い出しました。 

続きを読む

捨てられたギターをリペア日記(ナット&サドル編)

昨年、2018年の年末の燃えないゴミに捨てられたギターのリペア日記を記録とし残します。今回はブリッジのサドルとナットの修復です。

まずはサドルから始めました。

状態としては、木工ボンドでブリッジ部とサドルが接着されていました。

f:id:HERO_music:20190111070616j:image

これは結構厄介なことで、基本はブリッジとサドルは接着しません。一度、接着してしまうとブリッジからサドルを取ることが困難になります。

木工ボンドは熱と水気に弱い性質があります。なので、熱湯につけた布の水を絞り数分ブリッジとナット部分に押し当て、ドライヤーで熱し水分を飛ばします。すると乾いたボンドはネバネバとしたペースト状に戻ります。完全には液体化には戻りません。なので、柔らかくなったボンドを取り除いていき、最初の工程を繰り返します。

そして、ブリッジとナットが完全に取れました。↓ ↓ ↓

f:id:HERO_music:20190111070620j:image

残った白い部分はボンドの残りです、これも細かいヤスリなどで慎重に取り除いていきます。

なぜ完全にボンドを取り除くのかと言いますと、ブリッジとサドル部の間にボンドの残りで隙間ができてしまうからです。ブリッジとサドルに隙間ができてしまうと、弦の振動を受けたサドルが上手くブリッジorボディーへと振動を伝えられなくなってしまうからです。なのでブリッジとサドルが接する部分は綺麗にする必要があります。

そして、残ったボンドも綺麗に取り除きました◎

↓ ↓ ↓
f:id:HERO_music:20190111070633j:image

ピン穴も丸ヤスリでほんの軽くヤスっておきました。ブリッジ浮きなどは無かったのでブリッジ周りはこんな感じです。

さて、次はヘッド付近のナット部のリペアに取り掛かります。

f:id:HERO_music:20190111070627j:image

この部分も前の使っていたオーナーがご自身でナット交換をされたのか、ナットが反対に付けられています。サドルも反対に付けられていたので、きっと左利きのプレイヤーだったんだと感じます。

この部分もドライヤーなどで軽く熱し接着を弱めて平らな板をナット部に当て、ハンマーなどで軽く小突いてナットを取ります。

ナットが外れました◎

↓ ↓ ↓
f:id:HERO_music:20190111070612j:image

これもブリッジ部と同じようにまだ残っている木工ボンドを綺麗にヤスリなどを使って綺麗にしています。
f:id:HERO_music:20190111070624j:image

綺麗になりました◎ここまでいくと凄く気持ちが良いですね!

ナットはタイトボンドで接着し直して完了です。

f:id:HERO_music:20190111074817j:image

タイトボンド原液に、ほんの少しだけ水を足し混ぜてナットとネック部を接着します。十分に時間(丸一日)をかけ乾燥させてリペア完了です。

 

次回はクラック(割れ)が入ったボディートップとバックの接着作業とリペア完成までをup予定です◎

 

本日も最後まで記事を読んで頂き誠にありがとうございます。

2019年はじめのご挨拶。

2019年、少しばかりご挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、今年で「平成」が終わりを迎えますね。次の年号の名前は何になるのでしょうか?今から発表が少し楽しみですね!

 

そんな今年は、新たなことにも挑戦し自身をスキルアップできるように日々精進し、頑張りたいと意気込んでおります。多くのオリジナルソングを生み出したいかぎりです。

 

後は、自身が主催しておりますライブイベント「LINKED」ですが、今年の開催は4回を目標とし考えております。

そのLINKEDの2019年度、1発目は2月16日(土)に大阪 ミナミ 道頓堀「かつおの遊び場」さんにて開催が決定しております!!

ライブ詳細は後日upしていきます。

自身、この日のライブステージでは新たな試みにチャレンジしたいと思っております。

 

今年の干支の猪の様に、しっかり前を見て突っ走っていきたいものです。

改めまして、今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

燃えないゴミに捨てられたギター

f:id:HERO_music:20181228150754j:image

12月27日(木)の世が寝静まったとても寒い真夜中のこと、ぼくは燃えないゴミのゴミ出しに近くのゴミ捨て場に向かった。

そして、僕はゴミ捨て場に着き袋にいっぱいになったゴミを捨てていた。そのゴミ捨て場には他にも割れた食器や潰れた掃除機なども捨てられていた。

すると、そこに一本のアコースティックギターが埋もれて無残にも捨てられていた。

それを見つけた僕はすかさず無心で他のゴミをどけてギターを拾い上げた。

そして、寒いなか一人寂しく捨てられていたギターを僕は持って自宅に帰った。

帰ってからギターの状態を詳しく隅の隅まで隈なく調べた。

致命的なネック折れなどはなく、ボディーの割れなどはトップとバックにあるものの弾くぶんには問題ないと判断した。

サドルとナットは反対に付けられていたので、前の持ち主はサウスポーの左利きの弾き手だと感じた。ペグは問題なく回った。

まだ直せばきっと素敵な音を奏でることができると判断した僕はこのギターをリペアし弾くことを決断した。

 

続く…

本日もブログを読んでいただき誠にありがとうございます。