HEROの音楽道

シンガーソングライターの音楽人生

No.69『オススメの喉ケア◎喉に良い食べもの・悪い食べもの。喉からくる風邪の対策などのまとめ』

f:id:HERO_music:20180709061710j:image

 

今回は「喉」にまつわるお話をさせて頂きます。

 

まずは、

 

 

◎喉に良い食べもの◎

 

【ネギ】

 

ネギに含まれる成分「アリシン」には、

殺菌効果があると言われています。

ネギだけで食べるのは流石に辛いので、料理などと一緒に食べると良いでしょう。

 

自分は味噌や納豆、冷奴などと一緒にネギを食べています◎

 

 

【大根】

大根には「アリルイソチオシアネート(芥子油)」という成分に抗炎症作用があると言われています。

 

大根とはちみつをタッパーなどの密閉容器に入れ、出てきた汁を飲むと効果的と言われています。

 

大根おろしにして、その他の料理と一緒に取るといいかもしれませんね!

 

僕は、冷やしうどんなどに入れて食べることが多いです◎

 

 

【生姜】

生姜には「ジンゲロール」と「ショウガオール」が体内の血行を良くすると言われています。

 

ネキと同様そのままでの摂取はかなりの刺激が強いので、

 

自分は、市販で売っている「生姜紅茶」や「生姜湯」で摂取するようにしています。

 

 

【はちみつ】

はちみつをなめるだけでも効果があると言われています。

 

マヌカハニー」なども喉の炎症を抑えるため、効果があります。

 

自分も、このマヌカハニーの喉への効果は本当に凄いと実感しています。

 

はちみつを直接食べるのは「ちょっとなぁ・・・」とお思いの方は、薬局やコンビニなどで売ってる、はちみつ入りの、のど飴がオススメです◎

 

マヌカハニー配合だともっと良いと思います◎

 

他にも、のど飴でオススメなのは「龍角散ののどすっきり飴」です。

 

こちらは比較的お値段も安くお財布にも優しいですね!

 

薬局、コンビニにも良く置いてあるのを見かけるので入手しやすいです◎

 

 

キンカン


キンカンには、「リモネン」や「ビタミンC」などが風邪症状にも効果があると言われています。

 

キンカンにザラメ糖とはちみつを入れて漬け込むとキンカン飴が作れます、これをスプーン1杯なめると喉の痛みを軽減できる効果があると言われていますね。

 

「作るのが面倒だ!」という方は、「はちみつキンカンのど飴」がいいですね!

 

自分も「龍角散」がなければ「はちみつキンカンのど飴」を買って、歌う前などはなめてます◎

 

 

【みかんの皮(陳皮)】


キンカンと同じく、ミカンの皮には「リモネン」や、「ビタミンC」などが含まれており、喉の痛みを含む風邪予防によいと言われています。

 

みかんの皮を干したものは「陳皮」として販売されていますので、陳皮を生姜や黒砂糖などと一緒に煎じて飲むと良いでしょう◎

 

以上が喉に良いとされる食べものでした、

 

オマケとして、自分が歌う前などにやってる喉ケアの方法として、

 

上記で紹介した、

龍角散のどすっきりのど飴」無ければ「はちみつキンカンのど飴」を、

500mmのペットボトルor水筒の水に、5~6個入れて溶かしてそれを歌う前や喉が痛い時は飲んでいます。

 

冷たい水は喉にも悪いので、常温か、お湯に溶かして飲むことをオススメします。

 

ちなみに常温orお湯の方が飴が早く溶けやすいです。

 

 

「逆に喉に悪いとされている食べもの」

 

喉に悪いとされているものは、やはり刺激の強い食べものが多いですね。

 

×香辛料

トウガラシ、わさび、辛子、マスタードなど

 

×酸味の強いもの

酢、梅干、柑橘類など

 

×冷たい飲み物・食べもの

アイスクリームなど

 

×炭酸飲料水

 

×アルコール類

 

×塩分が多く含まれているもの

 

などが、喉に悪影響を及ぼすものです。

 

後、風邪などをひいてしまい、咳のしすぎで唾を飲んでも痛い時もありますよね、そんな時は「固形物」ではなく喉に優しい「柔らかいもの」が良いかもしれませんね。

 

自分は喉を痛めた時は、ウイダーゼリー等のゼリー状のものを摂取して、ならべく喉に刺激を与えない様にしています。

 

そして、やはり冷たい食べものや飲み物は避けるべきでしょう。

 

アルコールを摂取しながらのカラオケやライブなどは喉への負担が思っているより影響が大きいのでオススメしません。

 

(アルコールを摂取しながら歌っていると声帯に細かな傷ができ、しまいにはハスキーボイスになるのは確かですね。

 

この逆効果を利用して、あえて喉を潰して特徴のあるハスキーボイスにするボーカリストも存在しています。

 

一度、声帯を潰してしまうと、元の声に治すことは自然的には無理と言っても過言ではないでしょう。

 

水商売のスナックのママさん方は普段からお酒を飲みながら歌う事が多いのでハスキーボイスの方が多い傾向にあるのは、これが原因かもしれませんね。

 

その他にも、アパレル関係や某大手薬局の客引き時に声を出して普段から喉を使っている職種の方も喉を潰される方が多いと感じます。)

 

 

なので、普段からの喉へのケアが大切になってくると言えるでしょう。

 

 

喉ケアとして、寝室などに加湿器を置きましょう。もし、加湿器がない場合はバスタオルなどをビショビショに濡らして水が落ちない程度まで絞って、ハンガーにかけて自分が寝ている所の近くに吊るしましょう。

 

出張や旅行先などで泊まるホテルや旅館でも自分はこの方法で対策をしています。

 

後は、就寝時にコットン製のマスク(使い捨てではないもの)をつけて寝るのもおすすめです。ちなみに使い捨てのマスクは肌への刺激も強くおすすめしません×

 

コットン製のマスクなら早々破れないかぎり洗ってまた使えるので経済的にもオススメですね◎

 

 

乾燥する冬場は特に必見です◎

 

 

 

そして、最後に、

 

喉の異変・痛みが続くときなどはポリープなどの可能性もあります。


喉に痛みなどの異変が起きだした最初の2~3日程度なら様子見でも問題はないかもしれませんが、

 

もし声枯れが5日以上続くようであれば、

 

早急に病院で受診するようことをオススメします。

 

自分が過去に医師から聞いた話によると、

 

ポリープは発生して1週間以内ほどであれば、まだ薬などで治療ができる様ですが、それを過ぎてしまい放置してしまった場合は、大きい病院で喉に出来たポリープを切除するしかないそうです。。。

 

 

何事も自己で判断せず、その道のプロに相談した方が良いと言うことですね◎

 

 

 

最後まで記事を読んで頂き、誠にありがとうございます!