HEROの音楽道

シンガーソングライターの音楽人生

No.14『好きor嫌い』

f:id:HERO_music:20180513221750j:image

 

「私の好きなものを嫌いに思う人はいる

 

私が嫌いに思うものを好きな人もいる。」

 

 

子供の頃、皆さん、苦手な食べ物って1つぐらいありましたよね?

 

 

みんなで給食を食べている時に、

自分が嫌いな食べ物を美味しく食べている友達とかいましたよね。

 

 

私も理解出来なかった思い出があります。

 

 

そして、大人になれば変わるかな?と思っていたが変わらなかったり。

 

 

逆に大人になってからの方が好き嫌いってハッキリしますよね。

 

 

それは食べ物に限らず、人だったりします。

 

 

この人とは何か気が合わないな。

 

この人は何だか好きだな。など、

 

 

自分はそれでいいと思うタイプです。

 

「みんな違ってみんな良い。」

人は十人十色。

 

 

ただ、自分が嫌いだからといって

 

人として相手が感じる価値観や道徳心、人権等を壊す様な事をしてはなりません。

 

 

「天に唾を吐けば、自らの顔にかかる。」様に、

 

自分が行ったことは、後から自分の身に起こります。

 

 

 

「好き」の反対は「嫌い」なのか?

 

私が思うに感情論で言えば、

 

「好き」も「嫌い」も脳裏にある時点で顕在意識としてあります。

 

 

「言ってもらえるうちが花」

 

 

「好き」の反対は「無関心」「興味なし」ですね。

 

 

「好き、嫌い」がある事は良い事ですね◎