HEROの音楽道

シンガーソングライターの音楽人生

No.10『初心者用のアコースティックギターの購入時と購入後の注意点など』

f:id:HERO_music:20180509215406j:image

 

さて、今回は初心者用のアコースティックギターについてです。

 

これからアコースティックギターを始めたいと思っている方、もしくは買って始めたもののコードを抑えるのに苦戦している方に読んで頂けたらと思い書きます。

 

 

まずは、購入時の決め方、注意点などです。

 

大手チェーンの楽器店などに行くと、

 

沢山のギターが置いてますよね?

 

特に初心者用のギター等は入口付近に置いてある事が多いと感じます。

 

相場は大体1万〜3万円代程のものが多いと思います。

 

最初は色々な色や形のギターがあって迷うかもしれませんが、初めの1本目は「可愛い」とか「カッコイイ」とか自分のインスピレーションで決めても良いと思います◎

 

後、大事なことはお店などで必ず試奏させてもらい弾いてみることです(弾けなくても音を鳴らしてみる)。

 

何故なら、アコースティックギターにはボディサイズ等があり、女性の方はギターのサイズが大きすぎて(ジャンボサイズなど)弾きにくい事がございます。

 

もし選んだアコギが大きく弾きにくいと感じた場合は少し小さいサイズがないか店の人に聞いてみると良いでしょう◎

 

もし無かった場合は、近くに他に楽器店があるならば、そこのお店も見て回るのも良いでしょう◎

 

後、ギター選びで大事なのは、

音が気に入るかも大切です!

 

最初は何がどう良い音なのか分からないかもしれませんが、ここもインスピレーションで決めても良いと思います。

 

数年やっていくうちに少しづつ分かってくるので、最初はあまり考え込まない方が良いでしょう。

 

それよりかは、「私は楽しくギターが弾きたい!」という気持ち(マインド)が一番大切だったりします◎

 

さて、購入時の決め方、注意点を簡単説明してきましたが…

 

ここからは購入後のお話を少し。

 

「よしっ!念願のアコースティックギターも手に入れたし、練習だ!」と思って弾き初めてみると・・・

 

「あれっ・・・?」

 

「結構、弦を抑えるのに力がいるんだなぁ・・・。」

 

「指の先が痛いぞ・・・。」

 

「むむむ。。。」と感じた方は多いのではないでしょうか?

 

 

そうなのです!!

問題はそこなのです!!!!

 

 

これは何故か?何が原因なのか?

 

知らなかった方も多いのではないでしょうか?

 

私は声を大きくして言いたい。。。

 

 

初心者用の低価格帯のギターは出荷されたデフォルトの状態では、

弦高(弦の高さ)やネック調整などがされてないまま楽器店に並んでいる事が多いのです!!

 

これが原因でギターを挫折した方も多いと思います。(挫折の原因にも色々とありますが。)

 

この記事を見て「あわゎ・・・もう初心者用のアコースティックギターを買ってしまったよ・・・。」とヒヤヒヤされてる人もいるでしょう。

 

でも、大丈夫です◎

 

ならばどうすれば良いのか?

 

まずは弾きにくいさの対策として、

サドル(写真参考:白い棒状のパーツ)を削り弦高を下げてあげれば良いのです◎

 

これに関しては知識もなく自分でやると必ずといって失敗すると思いますので、ギターを購入した楽器店か近くのギターカスタムショップに持っていき弦高を下げてもらうと良いでしょう◎

 

工賃などはお店によりピンキリでしょう。ギターをお店に持って行く前に問い合わせてみるのも良いと思います。

 

後、ただ弦高を下げると言っても限界は御座います。

 

その後は多少の「努力」は必要になってきます。

 

以上が、購入時と購入後の注意点でした◎

 

今回は簡単に説明しただけなのでまた今後も記事にしたいと思います。

 

記事を読んで頂き、ありがとうございました!